社内不倫の復縁を叶える極上の占いサイト!

社内不倫で解雇(クビ)される場合とされない場合

 

社内不倫をする時には、慎重にすることはもちろん、もしバレた時のことも充分に覚悟しなければなりません。
しかし実際には一度関係を持ってしまうとどこまでも深みにハマり、いつしか油断して会社にバレてしまう可能性もあります。

 

社内不倫をした場合には、一般的に女性が解雇されることが多くなっています。
ここでは、解雇されるケースと、解雇されないケースについて考えてみましょう。

 

 

まずは事実認定が先

それぞれの会社の規定書には、解雇の対象となる行為について記載されていることが殆どです。
「会社の規律秩序を乱し、或いは会社の社会的評価を貶める行為をしたもの」という内容が一般的です。

 

しかし、反論の余地としては、不倫はあくまでプライベートなことであり、仕事とは無関係であると主張することもできます。
つまり、即解雇にするには事実認定が非常に難しく、不倫の当事者が揃って証言しなければ成り立たないものなのです。

 

 

社内不倫により、解雇される場合

上記の「会社の規律秩序を乱す行為」のひとつとして、社内不倫がバレて、相手の男性の奥さんが何度も電話をかけてくる、或いは社長の元へ怒鳴り込んでくる、といったトラブルが発生した場合、処分の対象となります。

 

どちらかが解雇されるか、ということについてですが、大変残念ですが、やはり職場である以上利益を追求します。
優秀な人材は貴重ですので、相手の男性が会社の業績を上げることに貢献しているような存在ならば、会社としても男性を選ぶことでしょう。

 

女性は解雇されて、男性は配置換え、左遷ということになる可能性があります。

 

もっとも可能性があるのが、不倫関係がバレることにより、取引先からの信用を失うということです。

 

例えば取引の内容や機密事項も不倫相手に話しているのは、と思われても仕方ありません。

 

担当をしていた取引先が、「そのような風潮を許している企業との取引はお断り」と言っていた場合、会社にとっては重大な利益の損失に値します。

 

解雇どころか、訴えられる可能性もありますので、注意が必要です。

 

 

社内不倫でも解雇されない可能性がある場合とは

以上の様に、会社に重大な損失を与えた訳でもなく、ただの噂程度であれば、不倫相手と協力して「知らぬ存ぜぬ」に徹しましょう。

 

ホテルから一緒に出てきたところを見られたら、あくまで「ホテルフェチなので、相手に付き合ってもらって内覧した」と言い張れれば立派です。

 

その他にも、一時しのぎではありますが、女性が妊娠中、産後休暇を取っている間は不当に解雇できないという法律もあります。

 

 

おわりに

解雇は免れても左遷されたり、周囲から冷たい目で見られたりと、どちらにとっても居心地が悪くなることは避けられません。
社内不倫がバレて解雇されても、これでリセットできる、と前向きに考えて行動した方が良いでしょう。

人気のページ

社内不倫・恋愛に毎日気を使ってストレスに悩む女性に

是非利用してほしいのが電話占い!

 

いつでもどこからでも、相談OK

守秘義務もバッチリで安心してこっそり占ってもらえちゃいますよ!

 

▽当たる不倫占いはコチラから確認してください▽